左官工事

 珪藻土建材には隠された秘密があります。調湿、脱臭はもちろんバイオの力でお部屋の空気は劇的に変わります。あなたの選ぶ珪藻土建材の成分配合は?、吸放湿量は?左官施工店の目線からお答えします。

主な取引会社 ㈱EM MAX

 漆喰は長い歴史の中で培われ洗練されてきた日本独自の左官工法です。城郭や土蔵など伝統的建物に塗られた純白の漆喰壁が広く知られており、防火性や断熱性に優れています。

主な取引会社 近畿壁材工業株式会社

 聚楽壁は木粉や色土、色砂を主原料とした日本の伝統的な塗り壁です。古典的な仕上げ材ですが藁や色ガラスを練りこみ現代風の和室を造ることもできます。

主な取引会社 四国化成工業㈱

耐久性、多彩性に富んだ化学樹脂製品。テクスチャーも多数あり長期間安定した壁を実現してくれます。

主な取引会社 アイカ工業㈱

海外製品のもつ独特な表現力のある左官材料も積極的に扱っています。日本には無い素材の材料を日本の技術力で丁寧に塗り上げていきます。

 一般的にセメントと砂を水で練り合わせたものを「モルタル」といいます。モルタルに色を付けたり、掻き落としたり、拭きとったり、様々な仕上げをすることができます。また建物に負担をかけない軽量モルタルで下地を造ることもできます。

主な取引会社 日本化成㈱

 セメントと石灰に種石を混ぜ練り合わせ硬化してきた頃合いを判断し水で表面を洗い流す伝統的な左官技法です。天候、気温に左右され均一に仕上げるには多くの経験を要する技術です。

 20年程度で塗り替え時期を迎える漆喰塗り替え工事。一年中風雨にさらされる厳しい環境に耐える漆喰塗りをするため職人の知恵と経験を活かします。屋根上の無料調査行っています。

主な取引会社 近畿壁材工業㈱

 セメントに人造石と顔料を練り混ぜたものを塗り、固まった後にグラインダーで研磨して表面を滑らかに仕上げたものをいいます。使い込むほど光沢がでて美しい輝きになる高耐久性のある仕上げ材です。

主な取引会社 秩父コンクリート工業㈱

 

 セメントに人造石と顔料を練り混ぜたものを塗り、固まった後にグラインダーで研磨して表面を滑らかに仕上げたものをいいます。使い込むほど光沢がでて美しい輝きになる高耐久性のある仕上げ材です。

主な取引会社 日本玉石㈱

 こまいとは、土壁の下地のことで、細い竹や割り竹を縦横にからめ、それに壁土として 塗りつけて、そのうえに仕上げ塗りをする工法です。厚みのある土壁が長期間にわたり断熱して快適な空間を作り出します。

主な取引会社 宮田建材・菅竹材店